前へ
次へ

営業求人の転職の面接では誠実な受け答えを

たくさんの営業求人を見て転職の面接に行くときに、決してネガティブなことは言ってはいけませんが、だからといって大げさに自分をお菊見せる必要はありません。
自分が良いと感じて営業求人の面接に挑むわけですから、絶対に採用をしてもらいたい気持ちが先立ちます。
会社としてもやる気のある人は歓迎しますし、売り上げを上げる戦力となる人材を求めていますが、誠実さや真面目なこと、信頼をできる人材であることが前提です。
これまで輝かしい仕事の実績を残してきた人であっても、それを面接時に自慢するように言ってはいけません。
自分の功績を前に出して話しているつもりでも、聞いている方に自慢話に聞こえてはうまくはいかないです。
今までやってきたことを伝えるのは良いですが、相手の気持ちも考えること、大きく見せる必要はありません。
謙虚さを持ちながらも、会社の力になりたいこと、誠実な受け答えをすることです。
面接官は相手を見ていますし、転職をしてからが勝負になります。

Page Top